北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国 ドラマ 永不磨滅的番号

<<   作成日時 : 2011/09/16 13:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

以前こちらに御薦めドラマとして「永不磨灭的番号」を紹介していただいた。ドラマ「笑着活下去」のとき、主演の姚芊羽さんと黄海波氏がとてもいい雰囲気を出していたので、今回も大いに期待した。

ただ、「永不磨灭的番号」はこうにちドラマなので、心の準備はしておかなくてはいけない。
案の定、第一話の最初っからきつかった。宅地開発中にこうにち戦争で犠牲になった兵隊たちの骨が出てくる。ということはこれから登場してくる人たちがどんどん死んでいくに違いない。いやなパターン。

でも、ドラマがちょっと進むと可笑しさがわかってくる。“吸铁石”が怪獣のような雄叫びをあげた時点で、このドラマは真面目に見なくていいのだ、って理解できた。
九路軍が登場したあたりでこちらをクスッとさせる。
中華鍋のくだりでは大笑いを誘う。生真面目な日本人の性格がネタにされちゃったのかな。
おならvs軍犬のところも可笑しかった。出物腫れ物所選ばず。日本だって「坂の上の雲」でおならシーンがあったっけ。

以前見た「亮剣」というドラマもそうだったが、「独立団」って破天荒な軍隊として描かれるのだろうか。
“大本事”が司令部に出かけて行き、司令員(団長の上司)に向かってああだこうだと兵器の無心を図るところなど、まるで市場で“讨价还价”しているみたい。
「団長」と「政委」のコンビだって人間関係だけでいくつもお話のネタができる。
軍隊の上に立つ人って、人間的な魅力を求められるのだろう。“李大本事”の“嘴皮子”には感心した。口八丁手八丁といったら失礼かもしれないが、なにかと衝突しあう野郎どもをしゃべりと知恵でまとめながら敵と戦っていくさまは、気持ちよく見ていられる。いつの間にか“大本事”の言うことを聞いてしまう野郎どももかわいらしい。

百度ではこのドラマを「水滸伝のこうにち版」としている。個性だらけの人間が集まっては死んでいくのだから、そう例えられるのだろうか。
また、ここでは“穿帮镜头(間違いシーン)”にも触れている。確かに「あ、私もそこ引っかかってたんだよね」ってシーンが数々列挙されている。ドラマ紹介の百度のページでこんなにも突っ込みを入れているということは、それだけ“娯楽”的な軽いものとして捉えられているのでは。

中国ドラマだからしょうがないのかもしれないが、日本の小道具や日本語にもう少し気をつけて欲しかった。破绽百出。せっかくいい俳優さんを使っているのだから本当に本当にもったいない。イケメン俳優芦芳生氏の日本語もあともう一息!演技もちょっと矢野氏にかぶりすぎのような気がした。頑張って欲しい。

最後に。
天涯观光团小姐:谢谢你的介绍。这个电视剧确实不错。除了大本事以外,我还喜欢孙成海的角色。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
其实我也没看完,看了十集左右.我觉得最可笑的是汽车换武器那段,不知道是不是真实的故事.
天涯&#35266;光&#22242;
2011/09/21 10:07
天涯观光团小姐:谢谢你的留言。电视剧里也许有很多事实,也许还有不合事实的地方。不过,对我来说这是次要的,最重要的是我能看到中国的电视剧,经过它能有感受中国的机会。
最近我又找到了特别好看的电视剧,它是谍战剧,叫《黎明之前》。
かささぎ
2011/09/23 09:56
《亮剑》之后的其他红色主旋律电视剧都没看过。说起“独立团”,我最早看到这个词是“叶挺独立团”,这支部队是北伐战争时的“国民革命军第四军独立团”。后来南昌起义,成为了共产党武装力量。
kyo
2011/09/26 14:52
kyo先生:我知道叶挺将军,可不太知道国民革命军第四军独立团。我应该有关于他的书,搬了几次家以后,不知道丢在哪里。最近我一直很忙,忙完了一定会去图书馆看看。
かささぎ
2011/09/28 09:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中国 ドラマ 永不磨滅的番号 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる