北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS ウチの屁屁とホームステイ中の“少爺” セキセイの性格

<<   作成日時 : 2011/08/26 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

中学校に入学してまもなく、家庭訪問があった。先生はとっても忙しいからあっという間に次の家庭に行ってしまう。インコは学校の先生を尊敬しているから、ここぞとばかりに何とかして引き止めたがる。
で、その手口は、セキセイの屁屁を先生に紹介すること。中学生にもなってどうかと思うが、インコにとって屁屁はやっぱり妹分だから、是非先生に見てもらいたい、ということらしい。

今年担任してくださるのは男の先生。さすが女の先生と違って全く躊躇が無かった。こちらが制止する間もなく、いきなり指を屁屁の前に差し出し、そして屁屁に思いっきり咬まれた。可哀想に先生、驚いて「わっ」ていいながら手を引っ込めた。でもすぐに「元気なインコですね〜」ってフォローしてくれた。さすが先生、打たれ強い。
ちょっと笑って誤魔化してから謝った。そして屁屁の性格を呪った。

ウチの屁屁ちゃん。そっと近づけば一寸だけ触らせてくれるが、いきなり触ろうとすると「キッ!」と鋭い叫び声をあげて、渾身の力をこめて咬みついてくる。それも目にも止まらない速さで連続攻撃。血が出るほどではないが、食い込んだ跡が指にくっきり残る。

凶暴なところがあるが、なかなか賢いやつで、一緒にいて飽きることが無い。遊んで欲しいときは向こうから催促してくる。呼ぶと必ず返事をするし、飛んできて肩にとまる。

実は、先週からよそ様のセキセイインコさまをお預かりしている。
オスなのだけど、すごくおっとりしている。どこだって触らせてくれるし、強く咬むことは絶対無い。あまりにお品がいいので、こっそり「少爷」と呼んでいる。

お世話の仕方も違う。少爷は毎日新しい餌を食べている。昨日のお残しは捨てることになっている。オスらしくガツガツ音を立てて食べるが、絶対散らかさない。それに毎日与えられている小松菜も上品に食べる。

反面、ウチの屁屁は、前日の餌に継ぎ足ししている。5日にいっぺんだけ新しくしてあげる。小松菜は食いちぎってぼろぼろに散らかしてオモチャにしてしまう。あんまり無駄にするので、外に生えているハコベやナズナやイヌビエやエノコログサで毎日誤魔化している。雑草のほうが好きらしい。バナナも好きだが、食べるのはいつも皮の裏側。どこまでも貧乏ったらしい。

インコも飼い主に似てくるということが、よくわかった。

少爷のえらいところは、嫌われても嫌われても屁屁にアプローチをかけてくるところ。屁屁にどんなに叱られても咬みつかれても必死に後ろを追いかけてくるさまはまことにいじらしい。それからとても義理堅い。屁屁が鳴くとそれに合わせて合唱を始める。セキセイって2羽一緒に飼うととってもうるさいことが分かった。

屁屁を見ていて一番イヤなのは、少爷が吐き戻した餌のプレゼント(愛のゲロ)を受け取ろうともしないくせに、床にこぼれた吐き戻しは一粒も残さず拾って食べること。本当にいやしんぼだと思う。

これは屁屁。目が怖い。
画像

これは少爷。とっても純真な目。
画像

一瞬仲良くしたとき。
画像

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして! 日本で中国語を勉強しています。おもに探訪!中国見聞録の聞き取りをしています。とても参考になりました。ありがとうございます。
のじもじ
2011/09/03 22:12
のじもじ様:最近番組すら見ないほど怠けているのでドキッとしました。稀なことなんでしょうが当時のナレータはたまに人名等の読み間違えをします。加えて私自身の間違いもあるでしょうし、あくまでもご参考程度にしていただけるとありがたいです。
かささぎ
2011/09/04 11:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ウチの屁屁とホームステイ中の“少爺” セキセイの性格 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる