北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国 ドラマ「大学生士兵的故事」が面白い

<<   作成日時 : 2011/08/04 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

先日、映画「让子弹飞」を見てしまったら、かっくいい廖凡氏主演のドラマ「生死线」をどうしても見たくなってしまい、見終わったら見終わったで、いつかちゃんとまじめに見ようと思っていたドラマ「人间正道是沧桑 」を思い出し、ついつい最後まで見てしまった。

生死線が全48話、人間正道是滄桑が全50話。インコがわざわざ電話してきて「“夜更かしドラマ一人祭り”なんてやって無いでしょうね」って、図星な指摘をするのだけど、これだけ長いドラマを夜更かししないで見るのは不可能。規則正しい生活をするという目標はあっという間に崩れた。

大陸ドラマは面白い。だけど本当に疲れる。しょっちゅう出てくるどっかんどっかんシーンとか、どろどろ拷問シーンとかにはだいぶ慣れてきたのだけど、いちいちまじめに見るのってやっぱり精神衛生上良くないと思う。体を張って演じている俳優さんには申し訳ないけど。ああいうのを沢山見てしまって、もしも自分に”病态的癖习”が出てきてしまったらどうしようかと思う。かささぎは怖い夢をほとんど見ないのだけど、夕べは例外。とってもおっかない夢を見てしまった。 インコの言うとおり、ほどほどにしておけばよかった。

とはいえ、大陸ドラマを否定するつもりは全く無い。いいものはいいと思う。だからこそ“血淋淋的镜头”を少し減らして欲しい。それから長たらしい回想シーンも端折って欲しい。共に時間の無駄。あと余計な効果音もいちいち付けないで欲しい。刺耳cier。
セキセイの屁屁が、機関銃の音を真似るようになってしまった。

中国のすごいところは毎年毎年大量のドラマが作られていること。国が広いし歴史も長いからテーマに尽きることは無いのだろうが、一体どれだけお金がかかっているんだろう。一体どれだけの爆薬を使っているのだろう。日本ではありえない。
北京テレビのHPを開いても、中央テレビのHPを開いても、いつも面白そうなドラマを紹介している。いくらでもタダで見られるのだから、これもすごいことだと思う。本当にお金持ち。大方dafang。

中央テレビで今やっているのは「中国地」「革命人永远是年轻」「我的青春在延安」「我是特种兵」「中国远征军」「锄奸」「激战江南」…。チラッと見ただけなのだが、ほかにもうんとある。重そうだからきっと疲れるだろうけど、やっぱりすごく興味がある。

楽しくて気軽に笑えるのは「大学生士兵的故事」。「炊事班的故事」と同じようなコメディものだが今年から新しく放送されているらしい。空軍の新兵連(新兵が訓練を受けるところ)に配属された大学卒の学歴を持つ小伙子らを中心にした話。メイクばっちりの可愛い“女兵”も出てくる。中学生の生活指導か、って突っ込みたくなるくらいユルいが、でも交わされる会話は一言ひとことが面白くて勉強になる。「家有儿女」ぐらいほんわかとほのぼのとしているから、とっても安心。これならいちいち厳しい文句を付けるインコにも自信を持って見せてあげられる思った。

ドラマ「人间正道是沧桑 」についてメモしておこうと思ったのに、話がだいぶそれてしまった。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 95
中国 ドラマ「大学生士兵的故事」が面白い 北京で勇気十足/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 95
2013/07/10 05:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国 ドラマ「大学生士兵的故事」が面白い 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる