北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京 テレビ番組「紅色地図」2 李大サ烈士陵園など

<<   作成日時 : 2011/07/07 01:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

北京テレビがシリーズで放送している“红色地图”の話の続き。
5月19日の放送。
三一八惨案发生地·张自忠路。場所は、段祺瑞执政府の前。
三一八烈士公墓。場所は、圆明园の西南側、“九州清晏景区”にある。

5月20日の放送。
北京女子师范大学。新文化街。今の鲁迅中学。
ここで鲁迅は1923〜26年まで教鞭をとった。当時演説した礼堂が残っている。

5月21日の放送。
王荷波牺牲地。場所は、地坛北里小区。

5月22日の放送。
国立蒙藏学校。場所は、西单・小石虎胡同、今は“西单民族大世界”になっている。
元は贝子府。ここまでいい状態で贝子府が残っているのは北京でも珍しいそうだ。2006年全国重点文物保护单位。
乌兰夫という人の話が出てくる。

5月23日。
原京奉铁路正阳门东车站 (中国铁道博物馆正阳门馆)。場所は前门。
地上3階地下2階。イギリス人が3年かけて建築した。鐘楼はもともと建物の南側にあったが70年代に地下鉄駅の工事があり、それから保護するために北側に移築された。

5月24日。
刘少白公馆。(纪晓岚故居、晋阳饭庄)。場所は、珠市口大街。
ここでは地下党が組織され、秘密の“联络点”だった。

5月25日。
高石墓。場所は、淘然亭公园の池のほとりの北西側。
高君宇と石评梅の恋物語。高君宇の墓碑は70年代に首都博物館に収められ遺骨は八宝山に移されたが、1984年再度ここに墓碑がたてられた。石评梅の遺骨もほかの場所に移されているという。
《情归淘然亭》という映画を紹介している。

5月26日。
李大钊烈士陵园。場所は、旱河路·万安公墓の敷地内。
ここは公開されている。隣に奥さんのお墓。すぐ近くに李大钊烈士革命事迹陈列室がある。1913年24歳、早稲田大学留学時代の成績表が展示されている(画面には丙の字がみえる)。また、中国のお盆(八ヶ国連合軍に参加した日本軍が日本に持って行ったというもの)も展示されている。李大钊が買い取って持ち帰ったのだという。
1927年処刑され遺体は浙寺(今の宣武医院あたり、現存せず)に6年安置され、1933年万安公墓に公葬、1983年今の場所に移された。(陵园の南西側には最初に埋葬された場所が残っている)

5月28日。
一二九运动纪念亭。場所は、北京植物园の樱桃沟。
1935年に学生運動が起こり(一二九運動)、この地で学生たちが軍事訓練をしたとき、当時の学生が石に刻んだ“保卫华北”の字が残っている。

5月29日。
佟麟阁墓。場所は、四季青乡北正黄旗18号香麓园。
佟麟阁将军纪念馆(香麓园抗战名将纪念馆)がある。

5月30日。
宛平城。場所は、卢沟桥すぐ近く。
もともと李自成の北京入城を防ぐための駐屯用に造られた(ところが李自成は昌平から入城)。
二九軍と日本軍の話。
1984年に城壁が修理されたが、南側は日本軍砲撃の跡をそのまま残してある。

5月31日。
卢沟桥。
1936年北平は東西北の3方向から囲まれていた。
北平南側・盧溝橋のところにいたのが第29軍37師第110旅第219団。
《卢沟桥事变》という映画が出てくる。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京 テレビ番組「紅色地図」2 李大サ烈士陵園など 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる