北京で勇気十足

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国のエアコンは匹で数える? エアコンの節電方法

<<   作成日時 : 2011/06/24 19:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

以前北京にいたとき、亭主のお友達が立派なマンションを買って、そのお披露目におよばれしたことがある。ちょうど夏だったから、広いリビングに置かれた買ったばかりの立派なエアコンをネタに話が盛り上がっていたのだが、難しくてちっともついていけなかった。

”匹pi”という単位が出てくる。中国ではエアコンを1匹2匹と数える??

中国でエアコンバナシに花が咲くときに出てくる“匹pi”。検索してみてわかったが、この“匹pi”というのは、馬力(HP)のことだった。でもやっぱりよくわからない。どうも2つの意味があるらしい。つまりエアコンが消費する電力も“匹”で示すし、空気を冷やす能力のことも“匹”で示す。

一つ目の“匹pi”はエアコンを買うときに気をつけなくてはいけないもので、“电器消耗功率”(エアコンの消費電力)を指している。一馬力=735W、そのエアコンがどれだけ電気を食うのかという目安になる。

二つ目の“匹pi”は、消費電力をもとに計算された、”制冷量”(冷却能力)の単位を指している。1匹が2200〜2600W、1.5匹が3200〜3600W、2匹が4500〜5500Wの冷却能力を指している。
たとえば“25机型”エアコンとは冷却能力が2500Wで、つまり“1匹”エアコンということになる。“35机型”エアコンなら冷却能力が3500Wの“1.5匹”エアコンという意味。

ちなみに1匹=15u、1.5匹=20u、2匹=30uという部屋の広さの目安もある。中国で「オタクは何匹?」と聞かれたら、「オタクのは何畳用?」て聞かれたことと同じようなもの。ウチはたしか25机型だったな、と思い出せたら「1匹よ」と返答できる。

……ということになるらしい。


中国ではどうやって省エネしているのか。
エアコンの使い方の紹介をした番組。「空调怎么用最省钱」。
3年間一度も洗浄していなかったエアコン(ちなみにメーカーは 中国企業の海信・Hisenseだった)。部屋の広さは言っていなかったが10℃下げるのに20分かかった。その後洗浄してから再度試してみると15分で済んだ。
5分短縮。自分で洗浄して20元、プロにクリーニングしてもらって30元の経費がかかるが、ワンシーズンで考えると電気代100元節約できるのだそうだ。

ちなみにエアコンの汚れには大肠埃希氏菌(大腸菌のこと)、白假丝酵母菌(カンジダ・アルビカンス)、军团菌(レジオネラ)、K曲霉(クロカビ)がくっついているから掃除はやっぱりしたほうがいいって。

エアコンと扇風機を併用する方法。比較の仕方に検討の余地がありそうだが、番組によるとエアコンの功率(ここでは消費電力の意味)が智能式(お任せ設定ってこと?)の場合856W、恒温式(温度設定して冷房すること?)の場合826Wだった。たとえ恒温式にして30W節電できたとしても、扇風機はふつう50Wかかるので、併用では節電になっていないとのこと。

普段の設定温度より1℃あげて冷房する方法。1℃あげるだけでエアコンの使用電力を10%節約できるという。“1匹エアコン”で試したところ、メーターで0.8度(つまり0.8kWh)の差が出た。番組では北京の電気料金を1度(1kWh)≒0.5元で概算、1時間当たりでは0.4元の節約になると結論づけた。
北京の正確な電気料金についてはこちら。
http://www.bjpc.gov.cn/syjg/syjg_ggspxxjg/200605/t119695.htm

普段昼間から睡眠功能(お休みモード?)で使用すると、エアコン自体の寿命も延びるし、使用電力も20%節約できるといっている。

以上、上記3つの裏ワザを使えば、つまり、1℃高く設定して年間40元、お休みモードを併用してさらに年間80元、エアコンを洗浄をしておけば更にさらに年間100元浮くことになるという。上手に使えば年間で220元節約できる計算になった。

番組の中で、エアコン設定温度が26℃のとき一番節約できると言っていたのはよくわからない。裏ワザを使った時と使わないときの差が一番出るのが26℃だったという意味かもしれない。

また、高額な省エネタイプのエアコンを買って節電をしたほうがお得なのか、それとも日々の電気は食っても安価な非省エネエアコンを購入したほうが結果的に懐を痛めないのかという問題について。
6時間稼働させてその差が1.5度(kWh)という結果。つまり1日10時間、年間100日使用したとすると125元の差が出ることになり、省エネタイプ(耐用年数8年で考える)なら一台で1000元は電気代を節約できる。非省エネエアコンと省エネエアコンの価格が年々縮まっていることと、節電への貢献度ということを考えれば、やはり省エネタイプがいいという結論だった。中国のエアコンには青いステッカーの「中国能效标识」が貼ってあり、省エネ度がわかるようになっているので参考になる。

变频空调(インバータエアコン)の節電方法。スイッチを点けたり消したりすると逆に電気を食ってしまい節電にならなくなるからご注意、だそうだ。

壁掛けエアコンの場合の設置の高さについて。一番いいのが床から1.7メートルのところだそうだ。

以上、北京テレビ局の「生活大调查」という番組より。
http://space.btv.com.cn/video/VIDE1308541368622317
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン
中国のエアコンは匹で数える? エアコンの節電方法 北京で勇気十足/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン
2013/07/03 17:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国のエアコンは匹で数える? エアコンの節電方法 北京で勇気十足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる